<   2018年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

いにしえのプラモデル

 メルカリ会員になり家にあった作りそうもないキットを売ったりしています。買ってもしまいますので、結局は処分にならず元の木阿弥状態かもしれません。その中でいにしえのキットが売られていて、とても懐かしく思いました。
Revell F-102A Delta Dagger
 レベル社初期のキットで当時の最新鋭機F-102のプラモです。黄色いバックの箱絵は目に焼き付いています。購入して作った記憶がありますが、小学生の頃であったのでただ素組みしただけで終わったと思います。胴体のミサイルベイが開いて見えるのがすごいと感激しました。この頃のキットの通例でマークは凸彫りで表現されていました
c0223634_09285728.jpeg
今回メルカリ出品されている価格は高いですが、歴史的価値はあると思います。
 さらに出品されているレベル社ダグラスAD-6があります。このキットは「飛ぶこと以外なんでもできる」というキャッチフレーズで売り出されたものです。やはり箱絵が素晴らしく、母艦に着艦するスカイレーダー、誘導要員などの様子を描いた傑作です。確か1/40の中途半端なスケールでしたが、各動翼、脚、主翼折り畳み、エアーブレキーなどほとんどが可動しました。購入したことはありませんでしたが、子供には憧れのキットでした。
c0223634_12493631.jpeg
 また当事出始めていた国産プラモ、マルサンのF-86D, ゼロ式3座水偵はエンジン内臓、胴体分離して見れる、折り畳み翼など意欲的なものでした。橋本喜久男氏の箱絵は素晴らしく購入して楽しい思いをしました。
c0223634_21464558.jpeg
c0223634_21470040.jpeg
出品者の「のりたま文鳥」さんに感謝します。
 もう一つ思い出のプラモがありそれはレベル社空母フォレスタルです。当時買ってもらいましたが、大きな船体を組み立てている途中で、接着剤を飛行甲板にこぼしてぐちゃぐちゃにしてしまい大泣きしたことがあります。母親が浅草橋の販売元(マルサンか)に行って部品を手に入れてくれたことを思い出します。

[PR]
by srclub | 2018-10-11 09:17 | 航空機プラモ・食玩など