カテゴリ:航空機プラモ・食玩など( 74 )

Ftoys US-2, 神風号、S‐61A 海上自衛隊(しらせ搭載機 )南極観測隊

Ftoys 1/300 US-2試作1号機, 1/144 神風号、1/144 S‐61A 海上自衛隊(しらせ搭載機 ) 南極観測隊
一気に3機種作成しました。スケールが違う、ヘリと神風号で大きさが違いすぎる、などで並べるとアンバランスな気がします。Ftoysは塗装済みキットですので、最小限の手間で完成します。集中して作れるので息抜きにはもってこいです。デカール貼るのが面倒かもしれません。2018/9/17
c0223634_13044329.jpeg
c0223634_13050761.jpeg
c0223634_13054875.jpeg
c0223634_13060829.jpeg
c0223634_13063835.jpeg
c0223634_13065742.jpeg
c0223634_13071245.jpeg
c0223634_13073419.jpeg
c0223634_13074954.jpeg
c0223634_13081793.jpeg

[PR]
by srclub | 2018-09-18 12:59 | 航空機プラモ・食玩など

Republic RF-84F Thunderflash 1/48 tanmodel

Republic RF-84F Thunderflash 1/48 tanmodel 2018/9/3
メルカリで完成品を購入しました(5000pt)。
トルコのメーカー、タンモデルの製品でよくできています。
前回の1/72のジャギュアーよりも大型で精細にできています。
RF-84Fという珍しい機種でしかも偵察型です。
機首にカメラ窓を複数備えています。
ドイツ空軍塗装です。大型燃料タンクを2本抱えています。
タンクの塗装は青、黄色で良い感じです。
機体全体もシルバーですがグレーに近い色でアルミ色に近いものです。
かなり墨入れをしてありメリハリが効いています。
デカールを貼ったとのことですがきれいに仕上げてあります。
キットには滑走路も付いていたそうで、よい情景になります。
雑誌に新製品の作例としてだしたそうで良くできた完成品です。
人の作例を見るのは大いに参考になります。
c0223634_16232327.jpeg
機体は銀色ですが落ち着いた色です。
c0223634_16234661.jpeg
大型のドロップタンク2本つきです。この姿が偵察型の標準のようです。
c0223634_16241133.jpeg
墨入れがしっかりしてあります。
c0223634_16243021.jpeg
c0223634_16245009.jpeg
2015年のタンモデル製です。
c0223634_16250989.jpeg
滑走路上に置くといい雰囲気になります。
c0223634_16253772.jpeg
c0223634_16255862.jpeg
コックピットもよくできています。
c0223634_16262438.jpeg
カメラ窓もたくさんあります。
c0223634_16264994.jpeg
c0223634_16271127.jpeg
機種にもカメラ窓あります。
c0223634_16274442.jpeg
c0223634_16280604.jpeg
c0223634_16300018.jpeg
少し頭上げた状態でよい姿勢かと思います。
c0223634_14414527.jpg
実機写真

[PR]
by srclub | 2018-09-04 16:02 | 航空機プラモ・食玩など

SEPECAT Jaguar Mk.1/A 1/72 ハセガワ


SEPECAT Jaguar Mk.1/A 1/72 ハセガワ 2018/8/22
c0223634_13591275.png

メルカリから完成品を購入(1850pt)しました。
相当古いキットです。箱絵と組み立て書もいただきました。
イギリス空軍仕様ですが組み立て書の指示とは尾翼形態など少し違います。
出来上がりは良くできており満足です。
人が作ったキットを手に入れたことはないので、手に取って作風をじっくり見れて参考になります。
翼端灯の自作、主脚ブレーキパイプなど手の込んだところがあります。脚はやや右に傾いて付いています。
塗装も全体的なウオシング、スミ入れ、適度なツヤ、迷彩塗装のボケ、デカールの貼付など大きな問題はありません。
武装も爆弾2、ロケット弾ポッド2、サイドワインダー2と盛りだくさんです。
展示用の滑走路もあって良い雰囲気です。白線が寄っているのが良い感じです。

c0223634_12065158.jpeg
梱包されて配送されました。破損はなく、参考になります。
c0223634_12363660.jpeg
予備部品もついていました。
c0223634_12072698.jpeg
滑走路白線が寄っているのがいい雰囲気です。色とコンクリート面の感じもグッドです。
c0223634_12074440.jpeg
c0223634_12075861.jpeg
c0223634_12081654.jpeg
c0223634_12083283.jpeg
武装はてんこ盛りです。曲がってつけてあるのはご愛敬です。
c0223634_12084340.jpeg
脚のブレーキパイプなどもあります。よく見るとタイヤも接地面削ってあります。



[PR]
by srclub | 2018-08-23 11:51 | 航空機プラモ・食玩など

航空自衛隊F-35A Fトイズ1/144

FトイズのF-35A航空自衛隊仕様 第302飛行隊
現有のF-4やF-15の塗装に合わせた想像のスタイルです。
F-35は特有の外部塗装をしてステルス性を確保するので、あり得ないことになります。模型ですので自由にできます。
c0223634_10362552.jpg
c0223634_10370111.jpg
c0223634_10373714.jpg
c0223634_10381532.jpg
AMRAAM, JDAM装備です。小さな所によくおさまっていま
c0223634_10423358.jpg

[PR]
by srclub | 2018-07-17 10:27 | 航空機プラモ・食玩など

YS11 3種類揃い組 Fトイズ 1/300

メルカリで手に入れたYS11の3機種をまとめてみました。丁度チョコレートの入れ物のフタに並べられて、良い雰囲気です。壁にかけられるので省スペースにもなります。
YS-11FC 航空自衛隊 飛行点検隊 入間基地
YS-11M 海上自衛隊 第61航空隊 厚木基地
YS-11A “おじろ” 海上保安庁 千歳航空基地 民間記号つき
c0223634_10033295.jpeg
c0223634_10040507.jpeg
航空自衛隊
c0223634_10050020.jpeg
海上自衛隊
c0223634_10053249.jpeg
海上保安庁
c0223634_10060763.jpeg
c0223634_10064234.jpeg
c0223634_10561452.jpg

[PR]
by srclub | 2018-07-17 09:56 | 航空機プラモ・食玩など

Uボート type ⅨB

久しぶりに伊東のオレンジハウスに行き、様子を見ました。結構新規品も増えており、しかもネット通販での販売にも重点を置くようになったようです。2018/5/20
そこでレアな食玩でフルタの軍艦シリーズを見つけました。
c0223634_16575788.jpeg
c0223634_17081682.jpeg
c0223634_17084473.jpeg
調べてたところUボートtype ⅨBは従来のⅦ型より船体が大きく、燃料搭載量が多いため航続距離が長く長期作戦に向いた型のようです。インド洋の作戦でも使用され、ドイツ降伏後に日本海軍により捕獲され呉所属になったボートもあったようです。購入時のままでは綺麗すぎるので、タミヤエナメル黒で汚しを入れました。

[PR]
by srclub | 2018-05-24 15:24 | 航空機プラモ・食玩など

Bf-108タイフーン エレール 1/72

エレール1/72Bf-108タイフーンは2機持っています。大昔(70年代か)に購入したものと数年前に中古品で買った物です。昔のものはエレール風の箱絵で味があります。新しいものはより実写的で精密な絵になっています。面白いことに古いものにはスワスティカが描かれてあり、新しいものにはありません。中身は全く同じでデカールや塗装も同じです。デカールには当然ですがスワスティカはありません。
当時映画「ひきしお」で、マストロヤンニとドヌーブがこの機体で飛んでいたことに刺激を受けて作り始めたものでしたが、途中で中断しています。今回40年ぶりに完成を目指します。デカールはダメなので新しいキットのものを使用することにします。
c0223634_11585704.jpeg
下が大昔(1970年代か)、上が最近のキット。
c0223634_16364649.jpeg
昔のキットのデカールは不良と思われます。
c0223634_11540247.jpeg
40年前に胴体、主翼結合、コックピット内部塗装まで行ってありました。
c0223634_16305368.jpeg
手塗りでRLM79サンドイエローとRLM76ライトブルーを塗ります。
c0223634_23332163.jpeg
c0223634_23335034.jpeg
手塗りで迷彩スポット、翼端、胴体後部の白帯を塗ります。
c0223634_23373813.jpeg
新しいキットのデカールは問題ありませんでした。古いデカールも一部使用しましたが。黄色くなっていますがしっかり貼れました。印刷にズレがあるのがいい感じですか?
c0223634_12402543.jpeg
c0223634_12404152.jpeg
c0223634_12410250.jpeg
c0223634_12414156.jpeg
c0223634_12412023.jpeg
c0223634_12420550.jpeg
完成です。今回は全て手塗りです。スワスチカかは手持ちのデカールですが小さめでした。最後に水性つや消しをコートしました。風防窓枠はジャーマングレーで塗った後にガンクロームで上塗り、はみ出しは楊枝こすりで処理しました。古いキットですので、部品同士の合いや、位置などはいい加減なので、筆塗り瞬間接着剤を多用しました。写真資料が少ないのでこれで良いのか不安なところもありま

[PR]
by srclub | 2018-05-08 16:18 | 航空機プラモ・食玩など

零戦22型 1/48 タミヤ

2018年1月 タミヤ零戦22型です。タミヤ零戦は52型に続いて2機目です。作りやすいキットです。箱絵のソロモン群島上空を飛ぶ105号機を作ります。2018/4完成。
c0223634_20581514.jpeg
c0223634_20583468.jpeg
コックピットは詳細です。
c0223634_20591752.jpeg
胴体主翼を結合しました。エンジンカウリングはまだ結合しません。塗装が終わってから組み立てます。主翼は21型と同じ翼幅が長く翼端の折り畳み機構も再現されています。しかし基地航空隊の機体ですので折り畳みはしないということで、翼端は接着しました。52型に比べて翼幅が長いのが分かります。
c0223634_16314670.jpeg
灰白色で塗装下地を作りました。
c0223634_00155712.jpeg
デカールを貼りマスクしました。
c0223634_00163884.jpeg
三菱濃緑色で上面を塗装します。この機体は濃緑色を現地で塗ったもので、マダラになっているのが特徴です。
c0223634_00171915.jpeg
特に写真ではっきりとわかる、カウリングに続く左機首の塗装は特徴的ですので、これを再現すべく努力しました。ボカシ筆で写真を見ながら迷彩を塗りました。ボカシ筆だけでは形になりにくいので、エアブラシも加え、さらに面相筆で迷彩を作って行きます。ぼかしが荒く付いた塗装部分はシンナーを含ませた筆でぼやかします。左側面以外は想像になるので、雰囲気を掴みながら適当にやり過ぎないように塗装します。
日の丸はデカールですがマスクに使用したスプレー糊で剥がれてしまいました。予想していましたが、やはりクリアーで補強すべきでした。円形マスクをデカールのコピーより作って、エアブラシで赤を塗りました。主翼裏面は日の丸デカールを別機体用の白縁付を切り抜いて、再度貼りました。
c0223634_13410897.jpeg
風防の塗装はマスクが付いているので切って貼り、ブラシ塗装(ジャーマングレー下塗り、明灰白色)で仕上げました。
c0223634_15363157.jpeg
仕上げの水性トップコートが白化しました.原因は厚塗りです.そこで乾燥後表面にペーパーかけて、水性アクリルシンナーで落としました。どうなるかと思いましたが、そうすることで筆塗りの後も隠れやすくなり、塗装の雰囲気もあがりました。再度薄く半ツヤ、トップコートをかけました。もう少し汚しを入れる予定です。両翼の補助翼マスバランス部品が紛失、探すも見つからず、別キットからコンバートしました。ディスプレイ台は100円ショップ食器盆、半月を裏返し、ボール紙を貼りトールペイントでラバウル基地地面風に塗りました。
c0223634_17412599.jpeg
迷彩塗装は筆塗りでした。トップコートの吹き付けに失敗しましたが、その修正過程ででこぼこしていた緑色の手塗りが平坦になり、滑らかな機体の雰囲気がでました。オイル汚れをタミヤのウエザリングでいれて、使用感を出しました.補助翼マスバランスの接着が鬼門でした。対策は串に両面テープを張ったものを持ち手として使い、接着場所に持ってゆきます.ピンセットでは飛ばす確率が高くなります.
c0223634_17472818.jpeg
ほぼ完成です。地面には草を少し生やしました。地面も黄土色のウエザリングで明るくしました。車輪止めを串を切って作りヒモも付けました。
c0223634_18054988.jpeg
c0223634_18061853.jpeg
c0223634_21225821.jpeg

[PR]
by srclub | 2018-01-16 20:53 | 航空機プラモ・食玩など

アブロ バルカン 1/144 ピットロード

アブロ バルカン 1/144 ピットロード 2017/12
ピットロード社製バルカン、フォークランド戦争ブラック・バック作戦仕様です。翼下に対レーダーミサイル、シュライク2基と電子妨害装置を装備しています。2018/1/14完成
c0223634_09510852.jpeg
c0223634_22382015.jpeg
キットの状態。大きな翼が水平2分割で入っています。
c0223634_22390608.jpeg
上下を接着した状態。
c0223634_22393862.jpeg
コックピットは小さいですが、パイロットも乗せるようになっています。
c0223634_22401274.jpeg
迷彩のマスキング。今回は緑を先に塗って、後からグレーをブラッシュしました。

c0223634_22405171.jpeg
迷彩塗装完成です。空気取り入れ口の塗装は奥が白く前の方は迷彩と言うことで、塗装にに苦労しました。取り入れ口の塗装はフライアブルであった最後の1機はフォークランド戦争時と塗装が違うので、確認に苦労しました。
c0223634_22411860.jpeg
デカールも貼りました。XM597号機で機首には2回の出撃マークがあります。
c0223634_17062797.jpeg
ランカスター、ビクターと3機編隊を組みました。第2次大戦の主力ばくげききランカスターとは大きさが全く違います。ビクター、バルカン両機とも脚は付けないでディスプレイ・スタイルとしました。飛行時のフォルムが分かります
c0223634_00465282.jpeg
c0223634_00472812.jpeg
c0223634_09552459.jpeg
c0223634_09555849.jpeg
c0223634_09564612.jpeg
AGM-45シュライクミサイルを左翼下、ALQ-101ECMジャミングポッドを右翼下に付けた作戦時の兵装。
c0223634_18144898.jpeg
c0223634_18153459.jpeg
c0223634_18163503.jpeg
c0223634_18172397.jpeg
c0223634_18181011.jpeg
c0223634_18184611.jpeg
完成です。ビクターと並べると往年のイギリスの戦略を支えたバルカンの存在感がわかります。

[PR]
by srclub | 2017-12-19 20:02 | 航空機プラモ・食玩など

TAMIYA Me 262A-1a クリアーエディション

TAMIYA Me 262A-1a クリアーエディション

2機目のタミヤMe262です。今回はクリアーエディションで内部が見える仕様です。
クリアー部品で胴体とジェットエンジンナセルが出来ています。しかしよく見ると成形時の押しピン趾が内部にあります。これをきれいにするには、押しピン趾を内部からエンジンで骨バーを使って削除し、さらにペーパー掛けして、番手を上げてきれいにしたのち、コンパウンドで磨きます。どうしても曇りが残りますので、内部からクリアーを吹きました。この際にクレオスのブラッシング用薄め液(リターダーシンナー)を使いました。クリアーを吹くと少しの傷や曇っていても消してくれます。結構大変でした。
c0223634_14264509.jpg
c0223634_00012474.jpg
胴体に複数ある燃料タンクは黄色あるいは黒色に塗るよう指定されています。昔ドイツ・ミュンヘンのドイツ博物館でMe262見たことがありますが、機体の横に展示していたタンクは黒色でした。キットでは給油口もあってどの場所から給油したのかよくわかるようになっています。
c0223634_00024545.jpg
コックピットは舟形です。パイロットを乗せると未来的な雰囲気になります。

c0223634_00032193.jpg
パイロットは黒づくめです。後でファイモールド社製のシートベルトを追加しました。
c0223634_00034926.jpg
仮組状態。尾翼への操縦索(ロッド)を追加しましたがほとんど見えません。

c0223634_20314255.jpeg
エンジンとロケット弾、脚です。エンジンは指定通りにタミヤアクリルのチタン系の色を使って塗り分けました。
c0223634_20320833.jpeg
デカール貼っています。糊が弱いこともあるのでタミヤのデカール用糊を使いました。クリアー胴体には薄い色のデカールが用意されています。
c0223634_20325626.jpeg
JUMOエンジン右側には配管があるのでそれなりに追加しました。
c0223634_20332835.jpeg
左側は細かな線を追加しました。しかしクリアーのエンジン・ナセルに入れるとほとんど見えなくなります。
c0223634_20340003.jpeg
右側を通常塗装、左はクリアーです。
c0223634_20342784.jpeg
主翼を付けた仮組状態。
c0223634_20345509.jpeg
コックピットもそれなりです。クリアー側のデカールは透明なものです。
c0223634_20352419.jpeg
右側機銃パネルは開けるようにしました。カットソーで一皮残して切ると開閉可能になります。
尾翼の迷彩斑点はデカールです。
c0223634_20355448.jpeg
構造が見えるクリアーエディションです。機関砲ベイの押しピン跡が見えます。この後除去しました。
c0223634_14233429.jpeg
右側はRLM76,81塗装です。82を追加した折れ線2色迷彩ではなく、キット指定(タミヤカラーで指定されており色味は推定)の81単色です。しかし間違えて83をエンジンナセルに塗ってしまい、修正しましたが、返って退色雰囲気がでました。架台上のエンジンはパイピングしていない素組みです。
 マークは54爆撃隊第Ⅲ戦闘機隊(Ⅲ/KG(J)54)でキットが指定する3タイプの2番目のタイプです。尾翼胴体にある青白チェッカー塗装が気に入り選びました。この機体のみ機関砲4門が指定されており、別の2機は2門装備でした。フル兵装がよいことも選んだ理由です。主翼下のロケット弾も装備しています。
c0223634_14290138.jpeg
完成です。いつもは左前を見せるようにしていますが、クリアーの左胴体が見えるように台上に配置しました。台は100円ショップお盆に厚紙を貼り、家内のトールペイント水性塗料でグレーにしました。
c0223634_23474901.jpg


[PR]
by srclub | 2017-10-04 00:04 | 航空機プラモ・食玩など