Bf-108タイフーン エレール 1/72

エレール1/72Bf-108タイフーンは2機持っています。大昔(70年代か)に購入したものと数年前に中古品で買った物です。昔のものはエレール風の箱絵で味があります。新しいものはより実写的で精密な絵になっています。面白いことに古いものにはスワスティカが描かれてあり、新しいものにはありません。中身は全く同じでデカールや塗装も同じです。デカールには当然ですがスワスティカはありません。
当時映画「ひきしお」で、マストロヤンニとドヌーブがこの機体で飛んでいたことに刺激を受けて作り始めたものでしたが、途中で中断しています。今回40年ぶりに完成を目指します。デカールはダメなので新しいキットのものを使用することにします。
c0223634_11585704.jpeg
下が大昔(1970年代か)、上が最近のキット。
c0223634_16364649.jpeg
昔のキットのデカールは不良と思われます。
c0223634_11540247.jpeg
40年前に胴体、主翼結合、コックピット内部塗装まで行ってありました。
c0223634_16305368.jpeg
手塗りでRLM79サンドイエローとRLM76ライトブルーを塗ります。
c0223634_23332163.jpeg
c0223634_23335034.jpeg
手塗りで迷彩スポット、翼端、胴体後部の白帯を塗ります。
c0223634_23373813.jpeg
新しいキットのデカールは問題ありませんでした。古いデカールも一部使用しましたが。黄色くなっていますがしっかり貼れました。印刷にズレがあるのがいい感じですか?
c0223634_12402543.jpeg
c0223634_12404152.jpeg
c0223634_12410250.jpeg
c0223634_12414156.jpeg
c0223634_12412023.jpeg
c0223634_12420550.jpeg
完成です。今回は全て手塗りです。スワスチカかは手持ちのデカールですが小さめでした。最後に水性つや消しをコートしました。風防窓枠はジャーマングレーで塗った後にガンクロームで上塗り、はみ出しは楊枝こすりで処理しました。古いキットですので、部品同士の合いや、位置などはいい加減なので、筆塗り瞬間接着剤を多用しました。写真資料が少ないのでこれで良いのか不安なところもありま

[PR]
by srclub | 2018-05-08 16:18 | 航空機プラモ・食玩など
<< Uボート type ⅨB 50型プリウス1/32 スナッ... >>