旧オオタキ製「鍾馗」1/48

 旧オオタキ製「鍾馗」1/48をやっと完成させました。伊東に来るたびに少しずつ手を加えてきました。30年ぶりの完成です。このキットはシルエットもよく旧陸軍戦闘機「鍾馗」の勇猛な姿をよくあらわしています。昭和20年関東地方・柏に布陣した飛行70戦隊第3中隊長機でB29追撃で有名です。右胴体の撃墜戦果マークが歴戦の勇姿を示して効果的です。2009/10完成
e0036006_22412348.jpg
e0036006_22414768.jpg
[PR]
# by srclub | 2009-10-28 23:57 | 航空機プラモ・食玩など

オオタキ製(現Arii)1/48川崎・5式戦

e0036006_053748.jpg
 またまた30年ぶりで形にしたオオタキ製(現Arii)1/48川崎・5式戦。水冷エンジン飛燕を空冷化した戦闘機で、終戦前に活躍した傑作機です。結構バランスのいいモデルで往時の雄姿がしのばれます。陸軍特有の派手なマークのデカール(紫電はばらばらになりましたが、今回は貼ることがとできました)が付いていました。1/144・5式戦も作りましたので大小そろいました。

e0036006_035466.jpg2008年按針祭に来航した自衛隊・掃海艇の展示(伊東港)
e0036006_042385.jpg同時に展示された6輪装甲兵員輸送車

[PR]
# by srclub | 2009-10-28 09:31 | 航空機プラモ・食玩など

オオタキ製「紫電」

 30年ぶりにいまはないオオタキ製の「紫電」を組み立て、完成しました。30年以上前に大まかな塗装まで行い完成寸前でしたが、最後の組み立てをしておらず未完成のままでした。やっと形になったかと思うと感慨もひとしおです。
e0036006_8355469.jpg
e0036006_8362945.jpg
e0036006_837837.jpg
[PR]
# by srclub | 2009-10-28 09:26 | 航空機プラモ・食玩など

食玩ドイツ飛行機軍団

 これは蛇足ですがこれまでにコレクションした食玩ドイツ飛行機軍団、計画されていた珍機もあります。食玩はまだありますので随時お目にかけたいと思います。<
e0036006_1134987.jpg


[PR]
# by srclub | 2009-10-28 09:20 | 航空機プラモ・食玩など

ラバウルの激闘

 趣味ですが今回は前回の童友社ゼロ戦の姉妹キットである「ラバウルの激闘」を2時間ほどで作りました。このゼロ戦21型は有名なエースパイロットで昨年亡くなった坂井三郎搭乗機をモデルとしたもので、ラバウル台南航空隊所属V-138号機とのことです。坂井がガダルカナルでの空中戦で負傷、長駆帰還した機体かどうかわかりません。むしろ開戦時に台湾よりフイリピンに出撃した機体としたほうがよいかもしれません。当時最強部隊の所属機を再現しています。プロペラがミニモーターで回り整備員、ドラム缶など情景を作ることもできて楽しめます。
e0036006_22391933.jpg胴体の青い斜め帯が台南航空隊のマーク
e0036006_2239451.jpg整備員に見送られ出発です。
[PR]
# by srclub | 2009-10-28 09:10 | 航空機プラモ・食玩など

空母瑞鶴より発進

 またまた趣味的な話ですが、今回の滞在中に童友社製の1/100ゼロ戦21型「空母瑞鶴より発進」を作ってみました。この模型着色ずみは当たり前ですがマイクロモーター内蔵でベースの中に入れた単3電池でプロペラを回転させることができます。組み立てれば、空母「瑞鶴」から岩本徹三搭乗機が発艦する姿を再現できます。岩本は日本海軍のエースといわれる人で本人の著書では200機以上撃墜としていますが実際は80機程度といわれている人です。戦後すぐに亡くなっていますので詳しいことは分かっていません。この情景は1941年12月8日真珠湾攻撃のさいに機動部隊の直掩機として留守役に飛び立つ情景と考えるとよいと思います。
e0036006_9334932.jpg
e0036006_23552445.jpg
尾翼を持ち上げた発艦直前の姿で、見送りの整備員も揃って臨場感あふれるものになっています。発艦時にはパイロットの視界確保のため座席を上にあげて、キャノピーが開いていると思います。出来合いのモデルですのでこの辺は我慢しましょう。お尻にモーター回転用のコードが出ますが画像処理で消しました。
[PR]
# by srclub | 2009-10-28 09:02

U-boat

趣味というか息抜きに今回は「鋼密度模型製U-BOOT」を作りました。8ブロックに分かれて食玩風の箱で売られています。セットで購入して作製します。1/144スケールで結構大きなサイズになります。何といっても内部構造が出来ていてそれを見せることができる点が素晴らしい模型です。1日1ブロックという感じで組み立てました。といっても、5分もあれば出来るので簡単です。こういったものはぐずぐず時間がかかってはすぐにいやになりますので、精密にはめ込むことができて、塗装もきれいに出来ていている最近のこの類のモデルは秀逸です。
e0036006_6282241.jpg
左右の船体をつければ普通のモデルになります。魚雷発射の航跡つきでつぼをつかんでいます。タイプはU-Bootの標準モデルであるⅦc型です。スケール的には艦橋が少し大きめでしょうか。e0036006_6284972.jpg
船体半分にすると内部構造をみることが出来ます。精密に作られていて乗員なども配置されています。
e0036006_645397.jpg
乗員がベットで寝ていたり、トイレに座っていたりしています。潜望鏡も上下するなどかなり凝っています。


[PR]
# by srclub | 2009-10-28 00:14

スケールモデルのブログです

スケールモデルを中心にした雑多な趣味のブログです。
着陸場面の画像から始めます。
c0223634_16494852.jpg

[PR]
# by srclub | 2009-10-27 16:50