ビクターB.2


1/144 ビクターB.2 ピットロード 2017/8/28完成

イギリス空軍ビクター爆撃機は三日月翼の特徴ある姿で、魅力的です。1/144ですがかなり大きなサイズです。ピットロードの製品は作ったことはありませんでしたが、よくできており、部品の合いもよいと思います。立派なイギリス最後の4発爆撃機が完成します。
実機解説は以下のとおりです。
「ビクターB.2は、第2次大戦後に英ハンドレーページ社が開発し、1952年に初飛行した大型爆撃機です。ビッカース・バリアント、アブロ・バルカンと共に3Vボマーと呼ばれ、英国の核抑止力を担う存在として期待されました。本機のスタイルは後退翼の角度が外翼へ行くに従い緩やかになる「三日月翼」と、当時の英爆撃機の趨勢にならい主翼付け根への埋め込み式になっているエンジン配置が特徴です。核戦略が変化した為に爆撃機としてのは活躍はありませんでしたが、空中給油機に改造されて使用され続け、引退は1993年と3Vボマーの中では最後となりました。」
c0223634_1827379.jpg
迷彩パターンをマスキングしました。
c0223634_2154571.jpg
塗装終了です。
c0223634_21552835.jpg
ほぼ完成状態、後はデカールを貼って細部の調整です。
c0223634_21555529.jpg
c0223634_10315269.jpg
c0223634_10323272.jpg
デカールはりました。
c0223634_14510024.jpg
c0223634_14513361.jpg
c0223634_14531682.jpg
立派な三日月翼です。英国空軍第139飛行隊1964年です.箱絵と同じです.このころは低高度侵入が考えられており、白色の核爆発閃光回避塗装から迷彩に変わったと思われます.

[PR]
by srclub | 2017-08-12 18:27 | 航空機プラモ・食玩など
<< 旧版世界の傑作機リスト ホーカー・テンペスト >>