タミヤ ハリアー GR.1 1/48

 タミヤ ハリアー GR.1 1/48は71年に発売開始されたタミヤ1/48飛行機シリーズの最初のキットのようです。これをいつ購入したか忘れていますが、多分出てすぐに買ったのではないでしょうか。その後、このキットは80年代初期に当時のフォークランド紛争を背景にして、シーハリアーに金型改修されて、GR.1は廃番となったそうです。このことは今年2016年3月号スケビ・ハリアー特集でタミヤ・ハリアーが解説されており、そこで初めて知りました。特にGR.1の最初のキットはよい状態のものは少ないとのことで貴重なようです。1971年に手に入れているならば、今年が2016年ですので45年振りに日の目を見ることになりました。
 この貴重なキットを持っていましたが、長年忘れさられていて、作らないキットに分類されていました。今回イタレリの1/72ハリアーGR.3を作った流れで資料(世傑旧、新版、洋書シーハリアー、ネット写真)も見ていたのでGR.1を作ってしまおうと思いました。一番心配であったのはデカールですっかり黄ばんでましたが、テストでデカール名の部分で試したところバラバラにもならず、一応使えるようでした。そこでどうせ作るなら一番最初に部隊編成された機体にしようということで、塗装図にあるように国籍ラウンデルに白が入り、下面が白いペンギン塗装にしました。2016/10/24完成

これでハリアーはフジミ、イタレリ、タミヤと在庫のキットすべて作りました。

c0223634_22495398.jpg
箱絵は色あせています。
c0223634_22502027.jpg
デカールは黄ばんでいます。右下の名前が入った部分でテストしました。
c0223634_22503541.jpg
塗装図も古ぼけてしまいました。
c0223634_22513550.jpg
ペガサスエンジン内蔵、コックピットはあっさり、計器板もありません、パイロットにベルトを付けました。
c0223634_2252047.jpg
仮組の状態、ペガサスエンジンは胴体上部からのぞけるようになっています。ジェットノズルは4組一緒に動くようにできるようですが、部品の精度がいまいちで難しいと思います。
c0223634_2074611.jpg
黒サーフェーサで下塗りしました。
c0223634_2082545.jpg
クレオス322グレーで塗装した後に迷彩パターンを紙で置きます。パターンを浮かせるためにマスキングテープを丸めたものを使用しました。
c0223634_20103337.jpg
迷彩塗装をしたばかりの機体ですが、塗り残しやこぼれがあり要修正です。
c0223634_053216.jpg
デカールを張った状態、やはりひび割れ、バラバラになりましたが、なぜかラウンデルはしっかりしていました。
c0223634_14230773.jpg

c0223634_14230849.jpg

完成です。追加したものは計器板、マップ、シートベルト、パイロット横向き、補助空気取り入れ口、機首の風見などです。兵装はマトラ・ロケットポッドX4、1000ポンド爆弾の重武装としました。白入りラウンデル、ツヤあり塗装、下面白のペンギンスタイルです。デカールが古く貼るのに苦労しました。ペガサスエンジンも内蔵していますが塗装しただけなので開帳はしません。
c0223634_16074923.jpg

タミヤ新橋

[PR]
by srclub | 2016-09-12 23:00 | 航空機プラモ・食玩など
<< 2016年11月3日入間基地航... イタレリ ハリアー GR.3 ... >>