A-1Hスカイレーダアメリカ海軍

タミヤ ダグラスA-1Hスカイレーダアメリカ海軍 1/48

スカイレーダーはその昔厚木基地での3軍記念日で整備したての機体をまじかに見て以来、気になる存在でした。今回タミヤの1/48アメリカ海軍仕様を作りました。作成したのはキット指定の空母イントレピッド第176攻撃飛行隊のA-1Hスカイレーダーです。蜂のマークで有名な機体で、1966年にベトナムでMig17撃墜の栄誉に輝きました。A-1Hは主翼パイロンの多さから兵器を搭載する能力に優れているのがわかります。作りやすいキットで、パイロンの装備を簡単に変更できるのがよいと思います。2015年10月
c0223634_0271249.jpg

c0223634_01812.jpg
濃いグレーで下塗りした後で動翼をグロス白で塗ります。
c0223634_011977.jpg
グレーが残るようにガルグレーを吹き付け汚れを表現します。
c0223634_061971.jpg
作業机で組み立て中。翼前縁の銀塗装はハセガワのジュラルミンテープを貼りました。
c0223634_012919.jpg
ほぼ完成、ドロップタンク3本の姿。
c0223634_01379.jpg
蜂のマークが効いてます。
c0223634_014967.jpg
台座のイラストは世界の傑作機(1971年版)で橋本喜久男氏の描いたもの。
c0223634_015811.jpg
パイロット乗せました。
c0223634_214712.jpg
2000ポンド爆弾、ロケット弾ポッド装備状態です。
c0223634_1010167.jpg
2015/11タミヤコンテスト
c0223634_2026568.jpg
 造形村のスカイレーダー・コンセプトノートです。既刊の世界の傑作機3冊と較べると細かに内容が記述されていて、補完する内容です。最初の数ページにあるVA176所属の機体を空母甲板上に多数並べた作例は実物かと思えるほど迫力があります。作例、組み立て紹介は外国モデラーも含み数例があって参考になります。機体各部の写真、説明、戦術使用の具体例(核爆弾搭載時のトス爆撃方法)などが紹介されており、全く知らない史実でした。その昔、厚木基地三軍記念日で見たスカイレーダーのコックピット左横に棒があるのを写真撮影してありましたが、これは核爆弾投下時にコックピット内のマークとともに使う参照基準であることがこの本でわかりました。神戸港でのエッセクス級空母の離岸にスカイレーダー数機を使用してエンジン推力で補助している写真もあります。造形村の1/32キットは大きすぎて保管場所を考えると作れませんが、本ノートは貴重な参考書となります。
[PR]
by srclub | 2015-10-18 00:04 | 航空機プラモ・食玩など
<< ディアゴニスティーニ・デルタ翼... ルノーアルピーヌ >>