Fw190D-9JV44ブュルガーシュタッフェル赤の1番

 タミヤ製1/48Fw190D-9 JV44ブュルガーシュタッフェル赤の1番です。有名な独ジェット戦闘機戦闘団JV44に所属してMe262の離着陸の際の防空援護を行った小隊の機体です。敵味方識別目的で下面が赤で白いストライプが入った目を引く塗装がされています。ガーランド風にもなるフィギュアが付属して凝った内容のキットです。考証もよくされているようです。今回は白ストライプ・デカール貼りがポイントでしたが付属のものの精度がよく苦労はありませんでした。余白はなるべくカットしました。またをつや消し黒エナメルで汚し塗装をしてそれなりの雰囲気を出しました。完成後のスタイルを見るとやや機首が細く、ガーランドタイプの風防の背が高くバランスが悪い面があります。作りやすいのはさすがタミヤでした。飾り台は鉄道模型のkatoがだしているジオラマキットを使って1945年3-4月の早春の地面をイメージしました。
c0223634_0175510.jpg


c0223634_0182383.jpg


c0223634_018415.jpg


c0223634_0185711.jpg


c0223634_23362587.jpg
タミヤ新橋のコンテスト(2010/5)に出品しました。コンテストでのコメントです。
Fw190D-9、JV44 ブュルガーシュタッフェル Red1
 老眼と戦いながらJV44、Fw190D-9に挑戦して何とか形にしました。よろしくお願いします。
 キットを素直に作りました。JV44,ブュルガースタッフェルRed1ハインツ・ザクセンベルグ少尉機になります。立っているのは少尉でしょうか。下面の赤と白ストライプが印象的です。機体は指示通りに76, 82, 83をエアブラシで吹きました。上面パターンが標準なものと違うのですが指示通りにしました。汚しを控えめにしました。塗装の剥げは写真や指示のように過激にはせず、使い始めの機体をイメージしました。機関砲、ガンカメラ、ピトー管は真ちゅう部品で作りました。展示台の地面は1945年3-4月の早春の雰囲気を出しました。デカール張りに苦労しました。


[PR]
by srclub | 2010-05-09 00:20 | 航空機プラモ・食玩など
<< Fw 190F-8 A7E コルセア >>