4式戦疾風

 30年ぶりに完成の1/48タミヤ製「疾風」日本陸軍戦闘機です。このキット当時はぴか一でしたが、現在の厳しい目からは機首からの流れが細すぎるようで力強さが感じられません。プロポーションは模型では大事です。キットを作りながら、その昔入間基地での航空ショーで疾風の里帰り飛行を見たときの感激を思い出しました。低空で飛んだので下面しか見えませんでしたが、旧軍機が日本の空を飛んだことは戦後生まれの私にとっては奇跡でした。(2008・12)
c0223634_21165381.jpg

[PR]
by srclub | 2009-11-23 21:16 | 航空機プラモ・食玩など
<< C47 3種類 タミヤコンテスト >>